FC2ブログ

ソレイユノート

スタッフブログ 日々の事を少し

しばし待機  


210410_01.jpg

出番が終わり、、、

イヤイヤ、終わってないです。
新着で紹介したばかり、「スタート・スタート」苦笑

完成した作品事例、裁断部屋横のミシン部屋で、しばし待機です。
この部屋天気のいい日は、とても西陽が強いんです。

西陽対策必須ですが、シェードなどをかけて暗くなるのは嫌で、今のところ垣根の木々の成長待ちです。
気長に待ちます・・・

新着の先染めナチュラルワッシャー 太ストライプ 紹介するまでに、かなり時間がかかりました。
先染め織物で定評のある生地メーカーから、スワッチが届いたのは、昨年の8月下旬。
そろそろ、ショップの品揃えを秋冬向けに替えなければ、という時期でした。

生地質も太ストライプ(縞)の感じも好きだったので、「絶対紹介したい」と思っていました。
スワッチの台紙に「2021 春、必ず出す」と走り書きされていました。
先染めナチュラルワッシャー 太ストライプ は、一般的なブロードと同程度か、ワッシャー加工が施されているので、やや少し厚みを感じるかな程度の生地の厚さで、秋冬向けというよりは、春夏中心に秋頃までが、おすすめの生地です。

欲しい→買う→作る→着る
↑この期間は、短い方がいいですものね。

生地を購入して、作り終えたら、随分寒くなってて着られなかっただと、残念なので。
でも、うちは、そこまで流行りの生地を紹介しているショップではないので、(どちらかと言うと、ベーシックな品揃え)
少し寝かせて、時期が来た時に、着ればいいのですけどね。

生地質も柄も気に入った時は、大概色違いも紹介します。
その方が、お客様も、(迷いつつも)購入するの楽しみですよね。
それと、複数色あると「こっちが断然好きだな」と、ピンと来たりしますものね。

しかし、この生地、ストライプ柄違いで4パターン展開でしたが、どれも気に入りませんでした。
生成にピンストライプ(それも、ピンストライプの間隔が3センチくらい)とか、曖昧な黄色にオフシロのストライプとか。
この太ストライプの色違いがあれば、一緒に紹介したのになぁ。
ただ、色違いがあったとしても、ネイビー系太ストライプは、使いやすいだろうから、この生地は紹介する事になっただろうと思います。

作品事例、パターンは、

hooray!さんのフレアーキュロット [1L-126]

フレアのラインがとてもキレイなキュロットパターンです。
無地トップスが多いので、このキュロット、この先、たくさん着る事になりそうです♪




category: お仕事

「4」はダメ「3」かな  

トップページにも記載しました

本日4/9午後新着アップのタイミングにメルマガをお送りしましたが、 メルマガシステム不具合のため、19時現在まだ配信されておりません。これから夜間にかけて、思いがけない時間にメルマガが届く事になりましたら、申し訳ございません。

メルマガのシステム不具合、申し訳ございません!!!
22時以降とかに配信されたら、もう、ビックリですよね、このまま配信されないのも困りますが。

210409_01.jpg

今日の新着、

ピュアリネンワッシャー グレープ

で、リネンのワンピースを作りました。

パターンは、
「ずっと好きな服。」Quoi?Quoi?(コアコア)さん P16 文化出版局 
・サッシュリボンのラグランワンピース

リネンのワンピース、体全体がリネン生地に包まれるので、気持ちいい♪

210409_04.jpg

このパターンで作品を作るのは、2作目です。
1作目は、

リネン フラワープリント ブルーム

リネンフラワープリントで作りました。
昨年、たくさん着ました。
ヒラッとした袖が、心地いいです。
リボンを付けた方が、スタイル的には決まりますが、ワンピースに取り付けるタイプではないので、リボンなしで着る事もありました。

先日のソレイユノート

衿ぐり・オールギャザー

で作っていたワンピースがコレでした。

210409_02.jpg


1作目を作った時、ギャザー寄せで苦労した記憶がなく、
当時のソレイユノートにも、
「作業の手が止まってしまうような難しい点は、どこもなかったです。」と書いています。
書籍が届いてから、急ぎ作った記憶があり、スムーズに作成できてヨカッタと。

それに、ピュアリネンワッシャーは、リネン生地の中でも、生地が安定している方で、どちらかと言うと縫製しやすいリネンです。
縫いにくいと思った事もなく、長年販売していますが、お客様から縫製しづらかったとお聞きした記憶も残っていません。
なので、衿ぐりギャザーがうまく行かなかった事が腑に落ちませんでした。

縫い進めて行き、リボンを作る際、ギャザーを寄せる部分があったので、シュプールの縫い目調整ダイヤル「3」で縫ってみました。
衿ぐりを縫った時は「4」、ちなみに普段は、「2」より少し小さい1.9位です。
(↑2でもいいのに、なぜか1.9 妙なこだわりです・苦笑)

「3」で縫ってみると、あっさりキレイにギャザーを寄せる事ができました。
ただ単に、ギャザーの粗目ミシンが大き過ぎて、ギャザーを寄せにくかったんじゃないかと・・・
でもでも、ゴムを使ったギャザー寄せ、楽々でおもしろいですよ。
(おもしろい必要があるかどうか、問題じゃないかもしれませんが)


210409_03.jpg

という事で、本日のタイトル

「4」はダメ「3」かな

しかし、生地によって「3」では、ミシン目が小さ過ぎて、ギャザーを寄せにくくなる事もあると思われます。
要は、生地によって調整という事ですよね。
普段、ギャザー寄せが難しいと思う事がなかったので、ダイヤルの目盛を慎重に選んでいませんでした。

ピュアリネンワッシャー 新色のグレープ、青みを抑えた グレープ色(ぶどう色)で、とてもキレイです。
濃色ではありますが、女性らしい優しい感じがします。

もうすぐ20時です。
まだ、メルマガが届きません・・・今日届くのかな・・・



category: お仕事

アンチョビキャベツ  

定休日なのに、小刻みに色々やりたい事や、やらなきゃいけない事があり、もうこんな時間。
休みの日は、まず母の買い物(食料品)の足。

母は、まだ運転できますが、近所の市民病院に行く時くらいしか運転しません。
市民病院への運転は大丈夫だけど、他は行きたいと思わないし、自信もないそうです。
自信ない人は運転したらダメダメなので、母が行きたいという所へは、私の運転で。

なので、いつも行くスーパー(車で20分)へは、私の運転で行きます。
ごく近所に大きめのスーパーは3店くらいありますが、いつものスーパーは景色の良い海岸線を運転した先にあるので、海岸線を運転したいばっかりに、20分運転してスーパーへ。

実家暮らし3年、4年目に入った私にとって、地元食材の吟味は、まだまだ楽しく、息抜きにもなります。

210407.jpg

キャベツがなんと「80円」。
キャベツの芯、うちのワンコ達の大好物なので、キャベツを切らす事は、ほぼないです。

スーパーをウロウロしていたら、色々な料理の調味料だけセットになっている商品が売られていました。
「混ぜるだけで料理が完成する」という類の食材です。

そこで、目に付いたのが「アンチョビキャベツ」。

「お~アンチョビキャベツ、いいね!! 冷蔵庫に、瓶詰のアンチョビも眠ってるし。」

アンチョビキャベツと書かれた「調味料」は買っていません。

それに、私が、食材に混ぜるだけで料理が完成するという系の調味料を購入する訳がない。
色んな調味料を混ぜて、手作り調味料を作りたい派なので。

昼ご飯後に、やりたい事もあったし、「アンチョビキャベツ」、要はキャベツの炒め物なので、作るのに時間もかからない。
私、お酒は全然たしなみませんが、お酒のつまみ系の料理が結構好きです。

あ~ニンニクが焦げてしまってる、でもいい、香ばしいから(^-^;

サッと作られるので、ご興味のあるお客様は、チェックしてみて下さい。
キャベツの量が適当なので、何もかも量は適当です。
(作り終えてみれば、わざわざレシピ検索する必要もないかなと・・・ww)


アンチョビキャベツ◎簡単バル風おつまみ♪


category: ライフ

掘り起こし、設置  


小雨の中、雨の止み間を狙って庭仕事をしました。
天気が不安定でしたが、せっかくの休日なので、気になっていた事を。

210404_01.jpg


この写真のところに、ホトトギスとシャガが、たくさん増えて、少し前までエライ事になっていました。
この右横に水道があって、唯一うちの庭で湿っぽいところ。

中央の紫陽花が植えられているところと、その右側の濃い緑色の植物のところに、、、

210404_02.jpg

円形のブロックのリングのようなものが埋め込まれていました。
ハッキリとした記憶はないけど、随分以前に母が埋め込んだと。

直径30センチ、高さ15センチくらい。
すっごく重い。

このリングの中に植物が植えられていて、下から根は出るのだけど、なんだか窮屈そうで、ここを見る度に、
「あぁ窮屈そうだ、救出せねば。」と思っていました。


先週末と今週と2回に分けて、増え過ぎたホトトギスとシャガを別の場所に植え直し、このリングも掘り起こしました。

で、この重くて丸い物体をどう、うちの庭で活用しようか・・・考えた末に、こうしました。


210404_03.jpg


玄関に設置。
ここは、玄関で一番目立つところなので、季節の花を寄せ植えした鉢を置いていました。
それを撤去して、ここに丸い物体を設置。

この丸い物体のサイズより小さくて、あまり高さが出ない植物。
庭を見渡すとオリヅルランしかありませんでした。

薔薇やクレマチスを沿わせるためのアーチにかけられいたものを、ひとまずここに。
今朝まで、どちらかと言うと、目立たない存在だったオリヅルランが、主役に。


玄関外にタイルが使われているって、昭和な建築でしょ~、思いっきり昭和なうちですよ。
古民家程の良い意味での古さも、重厚感もない自宅ですが、亡き父が設計した家なので、自宅の造りには愛着があります。


玄関先が、かなり渋くなりました。
とりあえず、このオリヅルランを青々と元気に育てなければ。






category: ガーデニング

衿ぐり・オールギャザー  

製作中のリネンワンピース、昨日衿ぐりのギャザーを失敗して、昨日のうちに失敗した箇所をほどくところまでして、今日は、その続き。

今日のミシンスタートが、「失敗箇所をほどく事」からスタートだと、テンションが下がるので、ほどく作業は昨日のうちに済ませました。


ほどいた箇所にアイロンをあてて、何事もなかったかのように、衿ぐり全体にギャザー寄せ開始。
昨夜、衿ぐり・オールギャザーの作り方についてあれこれ考えましたが、やはり、

muniさんのLadiesティアード

のやり方で、ギャザーを寄せてみる事にしました。
(ゴムを使って、ギャザーを寄せる方法)

この方法で、ギャザー寄せした作品

●ティアードスカート
コットン ソフトローン グリーン

●ティアードワンピース
リヨセル ライトギャバジン ピュアブラック

どちらもギャザー箇所が多い作品で、それがポイント。

ギャザーを寄せる箇所に粗ミシンを2本かける方法の場合、生地の織り密度が高い、ブロードやタイプライターなどは、粗ミシンは、大き目でもOKで(ミシン目が小さいと糸を引っ張りにくいから)、そこまで織り密度の高くない一般的なリネン生地だと、ミシン目が粗過ぎると思った通りの箇所で糸が止まりにくいんじゃないかと。

昨日の失敗があったので、今日は粗ミシンを2本をかけて、ギャザーを寄せる方法を何となくやりたくなくて。


今回の書籍パターンでは、小数点第一位まで指示あり

前身頃 〇〇.〇センチ
右袖 △△.△センチ
後ろ身頃 ××.×センチ
左袖 ◇◇.◇センチ

〇〇.〇センチ
△△.△センチ
××.×センチ
◇◇.◇センチ

各々の指定の長さのギャザーを寄せるという指示でした。
(書籍パターンなので、具体的な数字掲載は、省略)

6mm程度の細いゴム1本に、ゴムを引っ張っていない状態の時
〇〇.〇センチ、△△.△センチ、××.×センチ、◇◇.◇センチの箇所に印を付けました。
それを縫い代ギリギリに、粗目のミシンで縫い付けます

210403_01.jpg


210403_02.jpg

手前に思いっきり引っ張っています。
引っ張った状態のまま縫って、ゴムが元に戻った時に、ギャザーが寄ると。

210403_03.jpg

ゴムを使って、衿ぐりにギャザーを寄せた状態。
衿ぐりの布端が、少々ほつれています。
昨日の失敗の名残り・・・(泣)。

この後、衿ぐりパイピング処理をするので、中に押し込みます・苦笑 (丁寧にね)
その前に、粗ミシンで留めているゴムは、もちろん外します。

210403_04.jpg

で仕上がったのが、これです。
まぁまぁ、均等にギャザーが入っている感じですが、程よく同じ力でゴムを引っ張らないと、少々ギャザーが片寄ります。

210403_05.jpg

ギャザーを寄せる距離が長い場合、この写真の◆ピンクマークのところ(黄色の線の距離の真ん中)にも印を付ければ、よりギャザーは均等に寄せられるのではないかな?と。
少々片寄ってしまったギャザーを見ながら、そう思いました。

今回は、このまま縫い進めます。

それにしても、こんな縫い方しましたを説明するの難しいですね。
わかりやすい仕様書を書いておられる、パターン屋さん達、尊敬します♪



category: ソーイング