FC2ブログ

ソレイユノート

 スタッフブログ 日々の事を少し

青い紫陽花の土  


先のソレイユノート「ムラ糸ダブルガーゼ・愛 」。

ソレイユノートをお読み下さり、初めてムラ糸ダブルガーゼをご購入して下さったお客様や、久しぶりに【また】ムラ糸ダブルガーゼをご購入して下さったお客様、タイトルにウケて下さったお客様、ミシン友?(^^)と、ムラ糸ダブルガーゼ談義をして下さったお客様等々・・・
本当にありがとうございますm(__)m

きっとこれからも、ムラ糸ダブルガーゼは、メーカーが製造中止をしない限り、販売し続けるんじゃないかな?と、思ったりしています。

190523.jpg

季節感たっぷり紫陽花は、とても好きな花で、植木屋さんやホムセンや、色々なところで、こちらに引っ越しして来てから購入しました。
これも、昨年購入した紫陽花のひとつ。

しかし!!!
これ、昨年は、こんな色ではなかったのです。
ごく普通っぽい紫陽花になってしまいましたが、昨年は、この色の紫陽花だったのですよ。

これ!

180609.jpg

えーーっ!?ですよね。
この青さを気に入って購入したのですが、1年経過したら、こんな事に。
紫陽花は、土によって、花色が変化すると聞いた事はあるのですが、ここまでの変化は(汗)

青い紫陽花の土とか売っていますよね。
やはり、それを購入すべきでした。

今シーズンの花が終わったら、花芽が付く前に、青い紫陽花の土をたっぷりと与えてみよう。
来年の花色の変化が楽しみです。


category: ガーデニング

ムラ糸ダブルガーゼ・愛  


190517.jpg


先日、インスタグラムで、ムラ糸ダブルガーゼの、とても素敵な作品をUPして下さったお客様がいらっしゃり、
嬉しくてたまりませんでした。

実のところ、インスタグラム、全然深く見て回れていません。
アプリを起動した時に、上の方に、表示される方を何人か見てる程度・・・ス・スミマセン。

性格上、機械的に「いいね」を付けるのが、どうも好きになれなくて、いいねを付ける時は、
(サクッとでも)文章読んでから・・・としているものですから、なかなかたくさんの人の写真を見る時間がなくて。

そして、フォロー返しも、全然できておりませんっ!
今、フォローさせて頂いている方々の写真も、まともに見れていないのに、、これ以上フォロー返ししてどうすると。
(ホント、あれこれ考え過ぎな面もあります・・・)

ただ、#ソレイユクリエ を付けてUPしてくださった投稿へは、必ずお邪魔しています。
ドキドキニヤニヤしながら見て、コメントしたーい!と思うのですが、お邪魔コメントになっても難なので、
心を込めていいね♪ しています(^-^;

で、今日のタイトル「ムラ糸ダブルガーゼ・愛」。

昔から当店でお買い物して下さっているお客様には、大変馴染みの商品だと思います。
今、調べたら、2005年から販売していました。(のべ注文件数:7059件←2019.5.17現在)
という事は、オープン間もない頃からです。

年間通して販売していた時もありました。
今は、春夏を中心に販売しています。
途中、販売休止をした時もあったはずです。
それでも、多分1年くらい。

途中、他のダブルガーゼでもいいんじゃない?と、、、今思えば、気の迷いですね。
他のダブルガーゼのカラーラインナップが魅力的だったのかもしれない。

他のダブルガーゼを販売して初めてわかったのです。
作品から醸し出される雰囲気や、実際の着心地、ムラ糸ダブルガーゼのこれは、他のダブルガーゼとは違いました。
服地のダブルガーゼ=ムラ糸ダブルガーゼだったので、
他のダブルガーゼを、ほーんとガーゼっぽいね、服地らしくないね、と思ったりしました。
ツルッとし過ぎているというのか、、、
きっとムラ糸ダブルガーゼが、スラブ糸で織られている点や、ナチュラルなシワが好きなのだと思います。
ダブルガーゼの服に、(私は)アイロンはかけないので、洗いざらしな感じも好きです。

以前、姉と、言ってたんです。
無地のダブルガーゼはムラ糸ダブルガーゼしかないねと。

国内の他のメーカーさんのダブルガーゼを検討しても、やはりムラ糸ダブルガーゼに戻ります。
ムラ糸ダブルガーゼのメーカーさんが、「プレミアムムラ糸ダブルガーゼ」とか販売してくれたら・苦笑
それは、それで、一度手にしてみたい!!!

繰り返し・繰り返し紹介していると、お馴染みのお客様には、本当に飽きられてしまうと思うのですが、
ダブルガーゼを紹介したい→また、ムラ糸ダブルガーゼ?→違うダブルガーゼを検討してみる→納得行かない→ムラ糸ダブルガーゼを販売する。

となってしまうのです。
カラーラインナップが豊富なので、その年に、ニーズがありそうな色を選んでいます(^^)

ムラ糸ダブルガーゼは、京都の職人さんが、丁寧に仕上げたダブルガーゼ
洗いざらし風のふっくらとした質感です。

category: お仕事

備え、見直し必要  


190510.jpg

避難リュック。
玄関の靴箱の中に眠っていて、ホコリだらけでした。

今朝の宮崎県地方の地震、ビックリしました。
私の住まい付近は、震度3だったので、そこまでではなかったのですが。

地震直後に、何人かのお客様から、お見舞いのメールを頂きました。
どうもありがとうございました。
すぐに大丈夫でしたー!の返信をしたかったのですが、今日の裁断&発送の方が気になって、返信が一息ついてからになりました。ス・スミマセン。
ネットショップの私ごときを気にかけて下さり、大変嬉しかったです(泣)

このリュックの中身、ホントいけてなかったです。

・賞味期限切れのビスコ(2017.1賞味期限)
・使えそうもない小さなサイズのウェットティシュ
・包帯←塗薬もなく、包帯だけ・・・いったい何に使うというの?
・笛 これは、埋もれてしまった時用
・ワンズのリード2本
目の不自由な、うちの兄ちゃんワンは、普段カラーをしていない、なのでリードだけあってもって感じです。
・単三電池
・何かのケーブル、多分スマホ充電用だと思うけど
・ブルーシート
・合羽
・丈夫そうな紐
・旅先のホテルで使わず持って帰ってきた、使い捨てスリッパ←非常に貧弱
・水を入れる四角い入れ物
・バンドエイド
・軍手
・マジック
・カッター
・頭巾
・カイロ

そう言えば、何年か前に、リュックに入っていた水を捨てたなぁ。

とにかく、大きな揺れがあって逃げる時に、本気で必要な物を入れよう。
見直し必要だわ。


190510_01.jpg



category: ライフ

せっせと種まき  


190509.jpg


1週間前くらい、ゴールデンウィーク中の写真です。

今年の春は、せっせと種まきをしています。

ルリタマアザミ、アイ、西洋オダマキ、トルコギキョウ、夕顔、桔梗、カンパニュラ、ほおずき、コスモス。
開花までには、もう少し時間がかかる植物ばかりですが。

ほぼどれも順調に芽が出て、日々成長確認するのが楽しみです。
毎朝、庭に出た時に、芽出てるかな?とか水切れしていないかな?とか・・・
まず種まきトレイを置いているところに足を運ぶのが日課です。

カンパニュラだけ・・・3個しか芽が出ていません。
蒔いた種の数は、たくさん。
発芽温度が20度なので、蒔くのが早かったのではないような。
カンパニュラだけ水やりをしなかった訳ではないので、なぜ発芽が3個なのかが、わかりません。

発芽して、双葉が出て、本葉が出てきたら、花の培養土を入れた小さなポットに植え替えしています。
これが、驚く程、細かい作業で。
まだ、か弱い苗なので、せっかく発芽した苗をダメにしないように、そろり・そろりと。


category: ガーデニング

ふんわりタックスカートを作りました  

190405_01.jpg


ライトオンス インディゴストレッチデニム で、ふんわりタックスカートを作りました。

パターンは、「大人の日常服」中野ユカリ著 P11 日本ヴォーグ社 です。

商品ページの写真と同じで、ス・スミマセン。
写真は、たくさん撮るのですが、いいなぁと思える写真は数枚、なので、ソレイユノートでも使いまわしです。
※完成品水洗い後、ノーアイロンの状態で撮影。

パターンは、ネットのパターン屋さんの型紙が、楽でいいです。
切って、さっと使えるので。
それに手順書も親切です。

中野ユカリさんの本が不親切と言っている訳では、ありません、念のため。
中には、行間を読まなきゃいけない本もあったりして(^-^;
行間の読みが「正解」だったら、それはそれで、「やったー!」とは思うのですけどね。

ネットのパターン屋さんの型紙を連続使用していると、本からトレースするのが面倒になるのですが、ここのところ、本のパターンを使う事が連続だったので、何だか感覚がマヒしてしまって←いいんだか、悪いんだか。
トレースも、服作りのルーチン・・・という感じに。

先に生地を選んで、それに合うパターンを選ぶ事もあれば、その反対もあります。
この作品事例は、先にパターンを選びました。
(生地屋なので、一応、厚手から薄手、色々な生地があるので)

本では、ふんわりタックスカートは、生地違いで2点掲載されています。
ひとつは、ウール地、もうひとつは、天然素材のやや薄手の生地でした。

ふんわりしたタックが出るように、本ではウール生地や少しハリのありそうな薄手生地を選ばれたのかな?と思いました。
きっとどんな生地でも製作可能だと思われますが、落ち感のあるしなやかでテロテロの生地だと、ふんわりとしたタックが出にくいのではないかと思います。
(これは、私の想像です)

ライトオンス インディゴストレッチデニムは、生地厚さは普通地コットン並で、強くなり過ぎない軽いハリがあります。
このハリ感が、ふんわりタックに丁度よかったように思います。
ライトオンスのデニムなので、「あまりデニムらしくない」です。
デニムが強調されると、カジュアル感が増しますから・・・

透け感がほとんどないのも、よいところです。

インディゴ染生地ですが・・・色落ちは、ほとんどありません。
水通し時の水も色が全く変わらず・・・
なのですが、一応インディゴ染生地ですので、水通しや洗濯の方法により、多少差はあると思いますので、頭の隅っこには、インディゴ染生地という事をお忘れなくですm(__)m

また、ライトオンスデニムとは言え、デニム生地ですので、「綾織物」です。
平織りに比べ、綾織は、斜行しやすいので、縫製前には、必ず水通しをしてくださいね。
(きっと、皆さん、されているとは思いますが)

この生地、生地幅が約130cmです。
本では、それより幅広の生地で用尺を出されていますが、約130cmのこの生地でも、本通りの裁ち方で型紙を配置できました。
あ!!!このパターン、型紙がないのでした~、直線パーツだけで、できているので、直接生地に印を付け、裁断。

ちなみに、Lサイズで製作、スカート丈は、+8cmです。
+8cmでも、本通りの用尺で足りました。
ただ、本当にギリギリでしたが。

190405_02.jpg

前から見ると、タックスカートで、後ろはゴムスカートです。
シャツ in ♪
この方が、このスカートの全体がわかりますよねー。
in しても、しなくても、OKだと思います。
inしない場合でも、少しハリのある生地なので、自然に軽い裾広がりになります☆

ブラウスin とか、絶対無理と思っていたのですが、そうでもない兆しです。
というのも、私、この1年で、10キロちょい痩せました。
このスカートのウエストも、少々緩めでした。
太る時は、ウエストから太る、痩せる時もウエストからなのね、、とこれは嬉しい♪

ひゃ~こんな日が来るなんて。
ただ、激やせ感がないのですが・・・どんだけ太ってたんだ!!!

でも、自分でも「痩せたな~」って思います。
きっと、母の野菜中心の食事と、オーバーワークになる時も若干あったりするからでしょうか。

あと5キロ痩せたら、作例モデルになろうかしら・・・w
でも、それは、年齢的に厳しいかもしれないので、考えずに(^-^;
というか、5キロ痩せたら、きっと、まわりが心配するので。
まぁ、あと、2.3キロ。

190405_03.jpg

この本ですよ。

「大人の日常服」

きっと、お持ちのお客様も多いのかな~と思います(^^)


category: ソーイング