ソレイユノート

 スタッフブログ 日々の事を少し

移住かぁ~  





姉です。



今年の春で仕事を辞めて、
新しい土地に移り住もう・・・なんて事を予定してる友人がいます。


予定・・・は未定だと思うんだけど、
かなり本気と言うか、もう既に仕事辞めてるし^^;。


友人は、若い頃に、バックパッカーで、世界中を旅した人です。
知らない国の街角の話しが楽しくて、
よくよく話しに聞き入っていました。
面白い話しをたくさんしてくれる友人です。


つい、この前まで、『宮古島にする~』とか、言ってね、
宮古島に一週間行ってたんですよ。
で・・・、宮古島から帰ってきて、『宮古島の話し聞かせてよ~』と会う予定にしてたのに、
いきなり、『宮崎行ってくるわ~』と(@_@)。

はいはい、どこでも行って来てくださいよー(笑)。
で、今は宮崎です。
明日、帰阪の予定です。



いいね。
ちょっとうらやましいです。



携帯で撮った、南九州の海岸沿いです。
宮崎は海岸沿いにず~っと国道が走っています。

友人も、この景色はきっと見てるな^^



20170420.jpg






category: ライフ

太タック&ギャザースカートを作りました^^  





姉です。


遠目には無地に見えるようなストライプのスカートやパンツも
ふんわり優しい大人な雰囲気で好きなのですが、
キリッとストライプ模様が出るスカートやパンツも
雰囲気が変わって良いですよね^^。


綿麻ビンテージストライプ オフ×ダークネイビー で、
PATTERN SHOP AT MIGLI(アットミグリ)さんの 太タック&ギャザースカートを、作りました。


綿麻ビンテージストライプが搬入された時から、
イヤ、仕入れると決めた段階から(笑)、
AT MIGLI(アットミグリ)さんの 太タック&ギャザースカートを縫うわよ~!と、決めていました。
太タック&ギャザースカートは、いろいろな生地で、
既に何枚も縫ってるパターンなので、迷うことなくダダダッと仕上がりましたよ。
仕上がりにも満足です♪。


綿麻ビンテージストライプは、コットンの素朴な風合いに、麻のシャリ感が残る生地です。
上質な糸が持つ膨らみ感と、洗いざらし風の自然なシワ感があります。
生地の厚みは普通地程度より少し厚手で、控えめなハリがあります。
透け感もありませんので、ワンピースやスカート・パンツ等のボトムスに、大変おすすめです。
シンプルな作りのトップスにも良いかと思います。




ウエスト部分を見せたいのでブラウスをインしてみました。
パーカーや、コンパクトなジャケットとも相性が良い感じです。

20170412.jpg




トップスは、MICOSHI天竺 グレージュで作りました。
着丈のちょい短めのニットのトップスがなかったので、
MICOSHI天竺 グレージュの作例を作った残りの布で、ぎりぎりの裁断^^;
でも~、やっぱり、袖布が短めだったりい、衿ぐりが開きすぎたりで、
あんまりよくないですね。


201704121.jpg


もう、そろそろタートルも脱がないといけない・・・。
でも、着るトップスがない。
確認したけど、布帛もニットも不足気味だったわ。
で・・・、ヨーロッパリネン天竺(インに同系色のキャミソール合わせ)のトップスを作ろうと思っているのだけど、
グルグルグルグル、あ~でもない、こ~でもない、あれじゃない、これも違うーーーと、パターン地獄におちいっています。
それとも、ヨーロッパリネン天竺の前に、MICOSHI天竺チャコールネイビーでセーターライクなロンTを作ろうかと迷い中。
これは、既に水通しが済んで、布はスタンバっているのですが、パターンが決まってない・・・。
う~ん・・・。


201704122.jpg




category: ソーイング

桜と菜種梅雨  




姉です。


妹と二人、外出する用事がありました。
用を済ませ、ソレイユに帰るまでの道は、
この時期だけ通る『マイ・桜ロード』♪。


池にせり出すように桜の枝が伸びていてね。
花が散りだすと、池が薄いピンク色になるんです。

有名な桜どころじゃないけれど、
今年もお花見したわ~♪って気分になりました^^。


今日の大阪は雨降りで、グレー色の空でした。
妹のやつが、『菜種梅雨やわ~』と。

菜種梅雨ね。
しとしととした柔らかい雨のイメージ。
子供の頃に過ごした実家の庭を思い出します。
今の実家とは家屋や庭の様子がちょっと違っていてね。
家庭菜園や植えられている花々が、うっそうとしてた?(笑)。
恐ろしく背の高くなる植えっぱなしのグラジオラスやカラフルなダリア。
モクレンやコデマリ等の花木もたくさん植えられていましたね~。
この時期ね、雨が降ると、庭のモクレンの香りが強く香ったのを思い出します。
懐かしい香りの記憶やね~。



20170411.jpg







category: ライフ

先染ロンドンストライプ ブルー で パフスリーブブラウス を作りました  




姉です。


父母がお江戸に参ると言うので、昨日は関空まで送りに行きました。

以前なら自分自身は車から降りる事もなく、
関空のターミナルビルの乗降レーンに車をつけて、『いっといでー♪』と送り出していたのですが、
最近はそういうわけにもいきません。

父も母も、歳をとりました。
父に、『喫煙ブースはここやから、タバコはここだけよっ!』とか、
『持ち込みの手荷物の中にカッターナイフないよね?』とか、
(絵を描くので、鉛筆削りの為のナイフを常に持ち歩いています)

バーコードになったEチケットでの搭乗も、気になってる様子だったので、
手荷物検査のゲートまで、見送りました。

今ね・・・、誰の手を煩わすことなく、二人で遊びたいように、
遊んでくれてるので、ありがたいです。




さて・・・、お洋服^^。
世間様は『春の装い』でした。
ワタシは、まだタートル着てます^^:(寒がりです)。
でも、そろそろ、タートルも脱がないとね~。
何着よう・・・。
着るトップスがない。ニットが?。布帛が?。
どっちもなーい(苦笑)。



今着るには、少し早いのですけど、『半袖の布帛トップス』♪。

先染ロンドンストライプ ブルーで、パフスリーブブラウスを作りました。
パターンは、日本ヴォーグ社から出版されてる上杉知子さんの、
『気のきいたいつもの服』 P26 です。


モデルは身長約168cm。
Lサイズで作りました。
着丈は変更していません。

20170409 (3)


50番手の先染め糸で織られたロンドンストライプです。
(50番手の糸は、春夏向けのトップスで、よく使われる糸番手です)
ストライプの1リピートは約2mmです。
いろんなストライプがありますが、どうしても、これくらいのロンスト(ロンドンストライプ)で、
白×青系で・・ってタイプが爽やかで好きです。

織りの密度が高いので(高密度)、生地の薄さのわりに透け感は、さほどございません。
ブラウスのアンダーに白いキャミソールを着用していますが、
透けて見えたりはありませんでした。
生地はやや薄手で、強過ぎない中程度のハリがあります。
お袖のカタチをタックで作る~等も、作りやすかったです。

そこまで強いハリではありませんので、極端に多い分量でなければ、
ギャザーも綺麗に入ると思います。
これからの季節のトップスにおすすめの生地です。
ローン生地はしなやかでつるっとした感じで、うっすらとした光沢がありますよね。
先染ロンドンストライプは、ローン生地に比較しますと、
コットンらしい素朴な風合いとサラッとした着心地の生地です。



作例に作りましたブラウスの袖。
袖口をパイピングした段階で、
これはこれで可愛いやん♪と思ってしまってね。
本の指示にある、内側に織り込む作業をしないまま完成としました。

袖口をタックでたたむようになっているので、袖口のあたりの模様が、斜めのストライプになるんです。
そこに横縞(ヨコジマ)模様のパイピングで可愛いやーん♪と、思ったのです・・・・。

20170409 (4)



↓こちらが、本の指示通りに作った場合のお袖ね。(袖口のパイピングを内側に折りこんで縫い付けるのが、本の仕様です。)
 袖口のタックをたたんで、ふんわりのパフスリーブにする仕様はおもしろくて、
 ギャザーをよせる方法より簡単かも^^。
 
20170409.jpg





あのね・・・。
気にするレベルでは、全然ないのですよ・・・。
そんな神経質な事を言うてどうすんの・・とも、思うのですが、
お写真見て、思いません?。
袖・・・・・、若干、長くね?と。
パフッとした袖が、ちょっと、まのびたした感じに見えます。
こういうところにこだわる方が、
出来栄えを左右するのかも・・・。

そりゃ、身丈も袖丈も、もちろんスカート丈も、着る人のお好みなのですけどね。
やっぱり、本の仕様のとおりにした方がヨカッタかもね^^:。
袖丈がちょい短くなって、パフパフ感が増しますね。

20170409 (2)







category: ソーイング

ローン フラワーフィールド 翡翠 で ブラウスを作りました  






姉です。


飽きもせず、いろいろ作りたい人になっています。
ヲタク・・って言うんですか?(笑)。
『ヲタク』、最近、いい意味の言葉として捉えられていますよね。
ぇ?、ワタシだけ?。
どんな分野であっても、何であっても、
情熱を注ぎ、探求心を持って、なおかつ楽しめるって、最高じゃないですか♪。
(ヲタクをそんな意味の言葉と捉えています^^)



ローン フラワーフィールド 翡翠 で、ふんわり袖のブラウスを作りました。


ローン フラワーフィールドは、
細かい部分まで丁寧に描かれた、繊細なライン(線)の残る、中花サイズのローンプリントです。
たくさんの色が同系色でまとめられた、とても綺麗な花柄プリントです。
一般的なローン生地(60番手の糸で織られたローン生地)でも言えることですが、
特に、このローン フラワーフィールドは、さらに細い糸(80番手の糸)で高密度に織られていますので、
プリントの仕上がりがとても綺麗です。


作例に何か作ろう~と思った時に、
以前から作ってみたかった、見頃はシンプルで、お袖がふんわりしたブラウスにしよう!と。
イヤ、自分が着る事は想定していませんで・・・、
単純に作ってみたかったのです^^;。
どうも、自分がオシャレしたいが為の縫い縫いではなく、
単純にイメージしたモノは、どうやったら作れる?みたいな思いが強いのかも。




自分用にしようとは思っていませんでしたが、
着てみると、意外にカタチは自分にも似合っていていました。
ふんわり袖は手首が細く見えるー(笑)。
見頃はシンプル、衿ぐりもスッキリなので、
お袖のふんわりが引き立ちます^^。
袖がヨークから続いているので、肩が合わないとかもありません。


春らしい色と思って、作例にはこの翡翠を選びました。
自分的にはローン フラワーフィールド藍紫 の方が、好みです。



20170407 (4)



簡単な作りですよ。
写真にきちんと写っていないので、文章で説明します。
余計、分かりにくかったらスミマセン^^;。

パターンは、前後のヨークを一体化させ、そのヨークから伸びている左右の袖、これで一枚。
前後それぞれのスカートで二枚。
パターンは合計三枚です。


後ろ中心で縫い合わせ、衿ぐりはバイアス始末です。
前後のスカートをつけて、脇を縫い合わせます。
後は、袖口にコールゴムをとおし、裾を三巻で裾上げします。

前後のヨークと両袖が一体化してますので、
両肩の縫い合わせもなし、袖つけもなし。
袖がヨークからの続きなので肩が合わない・・・とか、気にしなくていいのよね。
ガタイがでかいので、肩が合わないとかの悩みが微妙にあるんですわ。

20170407 (3)




ふんわり袖にしたいけど、
内袖ありはこれから暑いしなぁ~。
そうだ!、コールゴムを入れて、肘の上で緩くとまるようにしたらいいんやわ!
で・・・、肘の上辺りの腕の太さを測って、その長さのコールゴムをとおし、肘の上あたりでとまるようにしました。

20170407 (2)



実のところ、袖丈は長いです^^:。
伸ばしたらこれくらいです↓。

20170407.jpg




そんなこんなで、
『なんちゃってふんわり袖のブラウス』完成しました~♪。

201704071.jpg

自分の作りやすいように、
自分のカラダの気になるところをカバー出来るように、
試行錯誤しながら、作るのはとても楽しいです。


綿麻デニム 5オンスで、作ったはかまパンツを合わせてみました。
最近、このパンツお気に入り^^。





category: ソーイング