fc2ブログ

ソレイユノート

スタッフブログ 日々の事を少し

えっ!?  

220630.jpg

身頃に袖を付けた後、袖ぐりをロックミシン処理しました。

今日も、特に急いでいた訳でもなく、エアコンの効いた作業部屋で、快適に作品作りをしていたのに。
うっかりというか、手が滑ってというか、滑ったのは、「生地」かもしれない。

写真
袖口の縫い代部分をロックミシンのメスでザクッと。
縫い代でヨカッタ、不幸中の幸い。

なのですが・・・
ここは、袖口の一部分にギャザーを入れて、袖口バイアス布で処理をするところ。
最終的には隠れるところですが、ギャザーを寄せるために、粗ミシンをかけた2本が切れました。
1本は繋がって見えていますが、切れています。
無理矢理、作業を進めましたが、次の工程でも、仕様書読み違いをしたので、今日は、もう終了です。

「まさかや~!」です。

そう!!!
NHK朝の連ドラ「ちむどんどん」見ています。

何だか、今週の和彦の暢子に対する態度が、「なんでそうなるの??」と、理解できません。
愛さんがいるじゃないか~!
ただ、和彦本人も、気持ちが整理できていないという演技、宮沢氷魚さん、上手♪
今日は、どうなってるのかな、録画して夜見ているので、この先が気になります。

実のところ、「カムカムエヴリバディ」に、すっかりハマっていたので、「ちむどんどん」は物足りなさを感じているところなのですけど。



category: ソーイング

今年こそ、紅葉・期待  

220629.jpg

何度か、ソレイユノートに書いている
「アメリカハナノキ(ベニカエデ)」の事。

昨年も6月、今年は、紅葉期待できるかも、と書いて、冬、紅葉しないまま、落葉。

今年は、違います!!
高さも80cm くらいになりました。

この木、「メープルシロップのイラストの葉っぱ」の木らしいです。
北米とかだと、数メートルに成長するのだとか。
うちは、4年くらい経過して1m未満ですが。

私が実家暮らしになった時、母の庭には、紅葉する木が、ほとんどなくて、「グレー&茶色ガーデン」でした。
なので、紅葉する 「ベニカエデ」を早々に、植え付けました。


今年は、違うのカエデの紅葉写真アップしますね♪ww



category: ガーデニング

柄を見ながら、糸選び  

220628_01.jpg

グランドカラーが生成で、紺色の中花(小花でも大花でもなく、中サイズの花)がプリントされている、こんなプリント生地の場合、ミシン糸は、何色を使いますか。

グランドカラー「生成」と思って、生成っぽい糸を用意して、テスト縫いをしたところで、気付きました。

あぁこういう時(この柄の場合)は、「紺色系のミシン糸を使った方がいいかも。」と。

写真、[黄色の矢印]、この色糸で最初縫い進めようと準備しました。
生成の部分に対しては、目立たない色ですが、紺色の花部分で、思いっきり、ミシン目が目立ちます。

柄全体を見ると、紺色の細い線もあるし、紺色のミシン糸で縫った方が、柄の一部に見えない事もない(少々、無理がありますがww)[赤色の矢印]


220628_02.jpg

ブラウスの後ろあきの部分にミシンステッチをかけたところです。
[赤色の矢印] 部分が、全て「生成っぽい色のミシン目」に、なるところでした。

生成っぽい色のミシン目になったからと言って、ミスでもなんでもないし、好みもありますが、紺色のミシン糸を使う事を思い出して、ヨカッタと思っています。

作品作り、そんなに手早くないので「流れ作業」的には、全然やっていないのですが、せっかく縫うなら、ちょっと考えつつ作品作りしようかな、と♪



category: ソーイング

梅雨明け  

220627.jpg

関東甲信と東海、九州南部が梅雨明けしましたね。

早っ!!!

九州南部なんて、梅雨入りも遅れたので、梅雨の期間16日ですって。
ひと晩、大雨の夜がありましたが、「梅雨らしく、まとまった雨が降った」記憶がありません。

このあたりは、7月下旬になると、早期米の稲刈りです。
この先も雨が降らないと、何だか水不足になりそうです。





2年程前に、欲しくて・欲しくて買った「テプラ」。
年に2、3回しか、出番がありません。

それも、こんな感じで、母に依頼されて、出すくらい。
梅雨明けの、このタイミングに「自家製そうめんつゆ」を作ったそうです。

空のペットボトルが販売されているので、めんつゆをボトルに入れて、他の調味料と間違えないようにボトルに貼るそうです。
うちは、ポン酢も自家製なので、確かに、間違えるかも。

これだけ出番が少ないと、ちょっとイラストやマークを入れてみようかな、という気にもならず、いつも、文字のみ!!!
わかりやすくて、いいわ~♪ww


category: ライフ

種採取  


東日本の皆様、猛暑、だ・大丈夫でしょうか?
昨日は35度超えして、40度超えた地方も。

今日も、既に35度超えしていると、ニュースで聞きました。
6月なのに・・・「猛暑お見舞い申し上げます」


220626_01.jpg

春先に庭を彩ってくれた、

「千鳥草」と「矢車草」の種を、採取してみました。
千鳥草は、今も咲いています。
今回、千鳥草はピンクのみ、紫と白は、後日。

随分枯れても、種を採取しようと思っている苗だけは、抜かずにそのままにしていました。
少し前まで、カラカラに乾燥していたのに、昨日少し雨が降ったようで、種のさやが、湿っていました。

採種した種が、こちら。

220626_02.jpg

千鳥草の種は、花の種らしい種でしたが、矢車草は、どれが種なのか、わかりませんでした。
検索して、多分これかな?と思っています。

種を採取して、種まき時期になったら蒔いて、芽が出たら、育苗して、植え付け・・・花が咲くまで(ゴール?まで)工程と時間がかかります。
最近、このゴールまでの道のりが遠いのが、気に入っています。

私を取り巻く環境だけではないと思いますが、世間も仕事も、物事の展開が早過ぎて、どんどんどんどん、状況が変化して行きます。ゆっくり、じっくり楽しむ、時間をかけて、気の済むまで、とことん楽しむ・・・
きっと、私は、そういうのが好きなんだと思います。

だから、種まきガーデニングも、全然苦じゃなくて、むしろ、そのゆっくり加減が丁度いい、とそう思っています。
仕事は、テキパキ、段取りよくしなきゃいけない事が多いので(と言うか、段取り「命」)、その反動かな・・・



category: ガーデニング