ソレイユノート

 スタッフブログ 日々の事を少し

アンジェラ・soleil blouse Angela フリーパターン 【パフ袖】 作ってみました  




姉です。



新着の当日に、
『アンジェラ ナチュラルコットン オフホワイト』 即日完売、ありがとうございました。

『アンジェラ ナチュラルコットン オフホワイト』 加工の手配は既に済ませました。
再入荷の目安等々、詳しい事は、『Soleil info (ソレイユ インフォ)』(ショップお知らせ情報)に記載しています。
どうぞよろしくお願いいたします。
んー、工場に手伝いに行きたい!、そんな気分です・・・。
邪魔になるだけだろうから行きませんけどね。



ハイ、本題です。
今日はサクッといきますよ~。
読まれる方も、長文続きはしんどいですよね^^:。



今日は、アンジェラ・soleil blouse Angela フリーパターン 【パフ袖】  です。


衿ぐりの裏バイアス始末については、昨日のノートのアンジェラ【ふんわり袖】と同じです。
ところで、アンジェラ【ふんわり袖】もアンジェラ【パフ袖】も、
衿ぐりのラインは同じなん?って話しですが、これまた微妙に違うんですね~。
ですので、【ふんわり袖】も【パフ袖】も貰って下さったお客様は、
バイアス布を間違って使うと、ひぇ~~~な事になりますよ。
ご注意下さいませね。
パターンをカットして貼り合わせたら、書き込み必須ですね。



アンジェラ【パフ袖】も、アンジェラ【ふんわり袖】と同じように、
前後が繋がったヨークから袖が伸びたパターンです。
ヨーク(袖込み)のはぎは後ろ中心のみです。

衿ぐりの始末については、アンジェラ【ふんわり袖】と同じ内容で書いてますので、
どうぞ読み飛ばしてくださいませね~。


衿ぐりは裏バイアスで始末する仕様です。
裏バイアス始末は、慣れたお好みやり方でされるのが一番良いと思います。

人によっては、後ろ中心を縫い合わせる前に、
合印とか関係なく、ご自身の手の感覚のみで衿ぐりとバイアス布の大方を縫い合わせ、
後ろ中心を縫い合わせた後に、バイアス布の長さを正確にカットし、
そこで改めてバイアス布を中表に縫い合わせ、輪っかの状態にして、縫われていない箇所を縫い付ける・・・。
このような方法でされる方もおいでです。

肩に向かって緩やかに広がった浅めの衿ぐりの場合は、
NP部分の角度がきつめなので、この部分はバイアス布の方を緩めに縫い付ける方が出来上がりが綺麗です。
赤い曲線の部分です。

20170509 (2)



バイアス布を出来上がりに整えて縫う時も、待ち針でガチガチに留め過ぎない方が加減しながら縫いすすめられます。
バイアス布を薄手のローン生地に変更しても良いですね。
薄手になるとそれだけ、出来上がりの厚みも軽減されますし、
お気に入りのプリント生地を使うのも楽しみですね。
全ては、お好みです。
どの方法が正解と言う事はなく、ご自身のやりやすい方法が一番です。
裏バイアス始末で衿ぐりが出来上がればOKです♪。

20170509 (3)




NPの合印をきちんと合わせ、NP辺りに余裕を持ってバイアス布を縫い付けますと、(一枚目の写真をご参照下さい)
カーブのきつい衿ぐりの裏バイアス始末もやりやすいです。
ソーイングって、作り手の癖が作品の仕上がりに出るものですよね。
それがハンドメイドの『味』だったりすると思うのです。
でも、出来れば直したい癖もあってね(苦笑)、
ワタシのバイアス始末はきつくなり過ぎる癖があるんです。
それで、いつも、写真の赤い矢印の部分が引っ込んでしまって、
気を付けて縫ってるつもりでも、衿ぐりが立ってしまうのが悩みでした。
だから、バイアス始末を避けて、勝手に見返しを作ったりしていたんです。
でも、もうバイアスは怖くないわー(笑)。
バイアス、かかってこい!(笑)。
これから、ワタシの事は『バイアスクィーン』と呼んでください(笑)。

あ・ついでに書いてしまいますが、
バイアスがどうしても苦手な方は、見返しを作って、
見返し始末に変更するのもありですね。

20170510 (2)




タックを中縫いした状態です。
裏側から縫いますので、タックを倒す方向が、出来上がりと逆になります。
ここ!、アンジェラ 【パフ袖】を初めて縫った時に、ワタシも一度間違えました。
それも袖口を三つ折りにして縫った後に気がついて、ほどいたんです・・・(泣)。
気をつけて下さいませよ~。

タックは迷われないように直線で縫う指示にしていますが、
少しだけカーブをつけて『くの字』の様な感じで縫うと、袖口のピンとはねた感じが緩和されます。
ピンとはねた感じが気になる方はお試しになってもいいですね。
作例のタックの中縫いは仕様に忠実に直線で縫っています。

201705111.jpg




袖口を1cmの三つ折りでステッチした状態を裏側から見ています。

20170510 (4)


表に返した状態です。
前のタックは前方向に、
後ろのタックは後方に倒されています。

20170510 (3)


【パフ袖】のアップです。
丸くて小さな袖^^

20170510 (2)



後は、ヨークと身頃を縫い合わせ、ヨーク側に倒してコバステッチで押さえます。
袖下~身頃の脇の裾まで縫い合わせ、裾を1cmの三巻でステッチしたら完成です♪。






着画です。


前後のヨークが繋がって、
肩のはぎがなく、袖付けもない・・・。
肩をすっぽり、ま~るく包み込む感じ。
衿ぐりから袖先までの女性らしい丸みのある立体的な感じがすごく気にいっています^^。

20170510 (3)




モデルは身長168cm。
Mサイズを着用しています。
ふんわりとしたスカートやキュロットには、これくらいの着丈で短めの方がバランスが良いと思うのですが、
パンツだと、もうちょい着丈が長い方が好みです。

20170510 (4)



ピュアリネンワッシャー カシス で 作った パターンショップ Hooray!さんの、フレアーキュロット を 合わせてみました。
このフレアーキュロット、ラインの綺麗さにツボりました♪。
それは、また後日。


201705101.jpg



新着の Herdmansリネン ボールドストライプ 生成×ブラックネイビー で作ったギャザーパンツと合わせてみました。

201705102.jpg



Lサイズを着用してみました。
サイズ感の違いの参考になさって下さいね。

201705103.jpg



もちろん、ヨーク(袖込)も身頃も、同じ布で作るのは王道なんだけど、
ヨークと身頃と生地を変えてってどうだろね?。
アンジェラコットンで、ヨークと身頃と違う色とかってどうだろね?。
そういう事を考えてる時って、本当に楽しいわ~(笑)。
次から次から、そんな事が思い浮かぶんです。
思い浮かぶ事の中で、
『それいいやん♪』と思えるのは、3%ぐらい?←すくなっ!。
大方は、それはあかんやろ~みたいな、ガラクタな事ばっかり考えています^^:(笑)。







category: ソーイング