FC2ブログ

ソレイユノート

 スタッフブログ 日々の事を少し

アンジェラの衿ぐりを見返しで作ってみました  




姉です。


アンジェラの衿ぐりを、見返しで作ってみました。



型紙のヨークに見返しのラインを書き足します。
縫い代込み4cmのところに線をひき、紙にうつします。

20170518_160048.jpg



接着芯を貼り、裁断します。
中表で後ろ中心を縫い代1cmで縫い合わせた状態です。

20170529.jpg


見返しの縁にロックもしくは端ミシンをかけた状態です。

201705292.jpg


ロックミシンの機種によりけりですが、
← → で縫えば、見返しの縁の反り返りが少なくなります。
普段でも、見返しの縁をロックがけする時は、【← →】 で 縫っています。
まぁ~、騙されたと思って、やってみてください(笑)。
騙す気はありませんし、意外に綺麗に仕上がります^^。

201705291.jpg



見返しとヨークを中表に合わせ1cmで縫い合わせたところです。

20705293.jpg



縫い合わせのゴロツキをおさえる為に、出来る事。
ほんのちょっとの事ですけどね。
赤い矢印・・・・、見返しの後ろ中心の縫い合わせの縫い代も小さくカット。
黄色の矢印・・、切り込みを入れるだけでなく、ノコギリの歯みたいにカットすると、スッキリ^^。
          ちょっとの事だけど、厚みは変わります。
          冬の分厚い生地だと、違いがはっきりします。

201705394.jpg



裏コバで押さえます。
見返し+見返しの縫い代+ヨークの縫い代 、三枚をまとめて縫います。
糸目は小さめがおすすめです^^。

201705297.jpg



裏から見たら、こんな感じです。

DSC09106.jpg



【余談1】
パフ袖の中タックを『くの字』に縫うって、こういう感じです。
もっと、『くの字』でもいいかも。

201705297 (2)



【余談2】
『そんな事、知ってるわよー』だと思うのですが^^;
黄色の★と★を合わせようとすると無理がありますよ~。
どんなパターンでも、縫い代の端と端で合わせようとすると無理が生じます。
直線のものならまだしも、曲線を縫い合わせる時は、
ちょっと厳しいモノがありますね。
まっさらな気持ちで縫うとね、ふっと疑問が沸く時があるんです。
今回はココが気になったわ~。
お客様は大丈夫やったかなぁ~と思ったので、
写真に撮りましたよ。

縫う線を先に合わせると、合わせやすいかも。
★と★がずれてますね。
でも、これでいいのよ~。

201705295.jpg


ほら、表に返したら、ピッタリよ~♪

201705296無題



アンジェラはヨーク丈が短いので、衿ぐりの始末は、裏バイアスがスッキリよね~と、
裏バイアスの始末にしました。
でも・・・、これも『The おばさんの思い込み』でね(笑)。
見返しを手まつりしても、
見返しをグルッとステッチで押さえてもいいんですよね。
全ては、作られる方のお好みです。

写真のアンジェラは後ろ中心の縫い合わせに落としミシンをしています。
あと、★の部分にステッチを入れて、見返しを押さえています。
裏コバで押さえているので、そこまで浮かないんですけどね。
手まつりする根気がありませんでした(笑)。


DSC09135.jpg


縫っているミシン目が見えるように、
このミシン糸を使いました。
ぎりぎり?。これ外に着て行けますかね?^^:。
着れない服を作るのは脱力してしまうし~。
でも縫ってるミシン目が全く見えないのでは、
分かりにくい説明になってしまいますしね~。

まーまーまー・・・着て貰います!(笑)



category: ソーイング