ソレイユノート

 スタッフブログ 日々の事を少し

仕事の必需品・ルーペ  

先のブログを読んで下さった複数のお客様から、「足の怪我は大丈夫ですか?」と。

ご心配をおかけし、ス・スミマセン!!!
乗ってはいけない台に乗って、それが壊れて、台のガラス扉で怪我をした・・・
普段そこまで慎重ではないのですが無謀な方ではなく、あまりこういう事をしない自分が、うっかりこんな事をしてしまった。
一度に、こんなにたくさんの傷を作った事も初めてだった。
【傷より、↑この諸々の衝撃の方が深かったです(^-^;】

傷の痛みは、早々になくなりましたが、切り傷なかなか治らないですね。
せっせとキズパワーパッドを貼って、傷跡が残らないように、しているところです。
あれからもうすぐ3週間。
「こんなに治ったよ」という意味合いで、怪我直後と、今夜の足写真を姉妹LINEに送ったら、、、大阪の姉が、

「結構な傷やってんなー」と。

いやいや、傷の数も多かったし、ガラス刺さったの指で、私取ったし、わかってないけど何となく止血とかもやったしと、、、
ほーんと、何を今更です・苦笑

その写真、ここには掲載できないので、今日は別の写真。


180713.jpg


随分前に買ったルーペ

もともと、スーパーに行った時に、商品に書かれてある小さな文字が見えない事が多いので、それを見るために購入しました。
一度スーパーで使ったところ、たまたまかもしれないのですが、スーパーの天井の照明がこのルーペに映り込んで?文字が全然読めませんでした。

そして、お蔵入り・・・

それが、ここに来て、仕事で活躍しています。


生地の「織り」を見るのです。

生地の表裏は、裁断時に立つ位置から一番よく見える箇所のホワイトボードに書き出しています。
ほぼ覚えているのですが、覚えている事を再度確認みたいな感覚で、生地をたたむ時に、ホワイトボードで確認。

どんどん生地を裁断していると、「あ・さっきの表裏合ってるよね?」と不安になる時があり、その時、このルーぺが登場します。
サッと取り出して、たたみ終えている生地の表裏を確認する訳です。
ちなみに、不安になって確認して間違っていた事はありません!(ホントですよー♪)

ルーペは、織り確認の必需品です。

そう言えば、開店当初からおつきあいのある問屋さんの(高齢の)社長さん、虫眼鏡を持っておられたなぁ・・・
ふとそれを思い出しました。
ルーペの拡大倍率は、そこまで高くないので、中学の理科の時間に使っていたような大き目の虫眼鏡を準備しようかしら。



category: お仕事